【読書漫画】河口慧海ーチベット旅行

【読書漫画】チベット旅行記 4話目

4話目です。 信者や友人たちに見守られて いよいよ船に乗り込みました! ーーー この明治30年の「和泉丸」について調べたんですが この頃の「ヨーロッパ航路」で運航していた「土佐丸」の僚船(仲間の船)に和泉丸があったという記述を見つけました。ルートも…

【読書漫画】チベット旅行記 3話目

こんにちは! ゆる〜りと3話目です。 ーーー 前回までのあらすじ: チベット潜入のため まずはインドの古い言葉、パーリ語を日本で習った慧海師。 次に行ったことはーーー? 出立に向け 友人や信者たちとお別れの挨拶をし、 40人ほどからさまざまな餞別を頂い…

【読書漫画】チベット旅行記 2話目

5月になりました。 2話目です。 さてパーリ語とは…? サンスクリット語と並びインドの古代の言葉です。 ブッダの出身であるマガタ国のマガタ語がパーリ語に訳され(ただし似通った言語だった) その後それがサンスクリット語に訳されたらしいです。 仏教がイン…

【読書漫画】チベット旅行記 1話目

始まりました〜。 1話目です! 河口慧海の冒険記、「チベット旅行記」です。 ときは 明治24年。26歳の慧海和尚。(幕末生まれなんですね〜。) この年から3年もの間、膨大な量の「一切蔵経」を読みふけっていました。 ーーー 『一切蔵経』とは 「一切教」、あ…

河口慧海の「チベット旅行記」、読書漫画スタート!

コロナウィルス報道が続いてます。 気落ちしないようしたいです。 … というわけで、次回から「読書漫画」を描いていきたいと思います。 最近、更新がのろいので もっとペースアップして。。。(できれば毎日更新したい…できれば。) ブログの更新が遅い理由は…