すのこ→ベッドに一瞬こころが動いた話

春です。
衣替えの季節ですね!
布団も春夏用に変えてみました。

 
ふ…布団が重かった…!
 
ブンがいたときの方がしょっちゅう掃除をしていたんですが(毛が落ちるから)
1人になるととたんにずぼらが顔を出しまして…。
あとででいっか と後回しにしてしまう家事のうちのひとつが「布団干し」。
 
敷き布団が綿の布団なのでこれまた重いんですよね。
小さい頃泊まったむかし風の田舎の家では、掛け布団も重くて息が苦しかった。
重すぎて寝返りも打てず窒息死するかと思ったもんです。
 
しかし愛用の羽毛の掛け布団は軽い。この布団干しのあと、冬用の羽毛 掛け布団は熱を冷ましてからさっと押入れに閉まってスッキリ。
 
ーー
 
 
ベッドには
心惹かれ毎日のように調べて本気の検討をしてましたが
 
 
動かしにくいであろう(超絶重いであろう)ベッドを買うのは
心変わりしたときやはり危険…ということで 
今回はスッパリ諦めたのでした。
 
 
ーー
干すくらいでヒーヒー言ってるんですから、布団の上げ下ろしを毎日なんてやるわけがない。そこで、すのこをやっとけば通気性がよく敷きっぱにできる。。。というわけですのこを使ってるんですが
 
敷き布団の下のマットレス(V–Lap)も、すごい通気性が良いタイプ。そして軽いです。
 
 
 
物を買うときかなり考える慎重派で 
特に「自分で動かせるか?」というざっくりした基準が自分の中にあるんですが、
このすのこは持ち運べるから、と昔よーーーく考えて買った一品だったことを思い出しました。
いずれこの重〜い敷き布団を座布団にでもリメイクし
軽くてあまり干す必要のないタイプの敷き布団でも買おう…とナイスな結論が出たのでした。
 
ーーー
 
なぜか昔から
自分で動かせない大型の物になにやら恐怖を感じるんですが…。
なぜだろう?
 
 
なので引っ越しして色々買い揃えるとき
冷蔵庫も森茉莉ばりに考えに考え抜いてすんごいちっさいの選びました。(しかもキッチンに置いていない。離れた部屋に置いてます)
 
冷蔵庫にまつわる戦いの歴史はなんというか…
悲喜こもごもありまして。
 
これはまた別の機会に書いてみたいと思います!