自律神経のためのあれこれ

コロナ怖いですね。。。。
免疫力アップのためにも自律神経を整えねば!
 

 
2月末のことですが
ここんとこ体調が良かったので、つい油断してネーム前に物を食べてしまいダウン。
食べるときはメニューに気をつけないと胃に負担がかかり こーなります。。。
なぜこうなってしまうのか長年謎だったんですが(血糖値ではないっぽい)、どうやら自律神経の乱れが関係しているみたいです。
 
 
ーーーー
自律神経に関しては、乱れやすい自覚があって
過去には味覚障害になったり飛行機の中で気絶したこともありました。
 
特に恐ろしいのは
メンタルがやられることです。
妙にダルい、頭が回らない、片付けもなーんにもやる気が起きなくなる…といったプチうつ状態になったり…。やたら絶望したり。自律神経が乱れてるとホルモンバランスも崩れやすいようです。
 
ーーーー
瞑想を始めてから精神的に安定し始めて、
ストレスなどから自律神経が狂うことはあまりなくなり
心も体も健康になった実感があります。
 
ただ…
ネーム!
 
このネームの読み直し作業が苦手で、朝から憂鬱な気分になってしまい
起きてからもなかなか作業を始めずに まず何か物を食べてグッタリ→一日ろくに進まず罪悪感。。。→次こそ頑張ろう→またグズグズする。。。頭回らない
 
というループが始まってしまって…。
 
生理前だったのでホルモンバランスが崩れ脳がフリーズし、結局3日間何もできませんでした。
このグッタリこそ自律神経だなと今回 自覚したため、
なんとか改めようと、「朝ヨガ」を始めることにしました。
 
いつもYoutubeで拝見しているB−Lifeのまりこ先生の本を購入!
自律神経みるみる整う 魔法のヨガ

自律神経みるみる整う 魔法のヨガ

  • 作者:B-life
  • 発売日: 2019/04/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
こちらの「朝の8分ヨガ」を必ず毎朝やることにしました。
(Youtubeで↓無料で見れます)
 
B−Lifeさんのヨガは目的別にたくさんYoutubeにアップされていて、観ながら一緒に体を動かせます。
本では動画のバーコードとともにメニューが紹介されていて、ほかにも心と体を整えるハウツーがシンプルにわかりやすくまとめられてます。
 
 
ーーー
ヨガは
ハタヨガを2年半ほど前からやってます。初心者の簡単なやつ。。。
当初は、両脇の腰のあたりがカチコチに凝ってしまい困ってて
どんなにストレッチしてもうまく伸ばせなかったのが
教室を見つけて習ったら一発でラクになったのが続けてる理由です。
 
まず始めに習ったのは、
太陽礼拝とウォーリアー(英雄)のポーズ
これだけで腰、股関節周りの苦しさが一気にほぐれました
 
教室で習ったのを下記の↓動画を参考に家でも行ってました。
基本のこの二つのポーズに関しては、こちらの
「日本最大のヨガレッスン動画サイト」さんのがわかりやすくておススメです↓
 
やり始めた時はなかなかにキツかったです!
でもすんごい気持ちいい…!
 
 
ーーー
 
その後、まりこ先生の動画を見つけ、もっと目的に沿って効率よく短時間で
布団の上で気軽にできるものを知りました。
こんなに素晴らしいメニューを無料で公開してくれているなんて…!!感謝感激!
 
この動画の
特に骨盤調整や股関節周りを柔らかくするうちに

 

www.yokonote.com

 内臓もポーズで整えられることを知りました。

そしてランダムに
主に夕方に時間が空いたら好きなのを選んでやる、というのを続けてました。
 
【好きなポーズ: 腰回り、歪みを整える、股関節】
 
 
ーーー
 
しかし今回の久々に起こったグッタリ事件から
ネームのストレスによって自律神経崩すのを防ぎたい、と思い…
とにかく調子が良くても悪くても夕方ではなく朝、いつもの瞑想の後に
一番簡単な8分の朝ヨガを必ず行うことに。
 
 
すると…
ネームでグズグズ渋ったりグッタリ神経疲れして寝込むことがなくなり、日中すんなりと作業ができるようになりました(涙)!不思議!!!
 
 
 
よく勉強でもなんでも「気合いだ」「やる気だ」という人がいますが、
自律神経の前にはそれは意味をなさないです。
やる気があっても体が動かず、そのことでますます動けないことが嫌になり悪循環なのです。
 
 
また、何事も楽しみながらやる、というのも基本ですが
創作の場合はトンネルに入ることがしょっちゅうあります。
その過程も「楽しい」と思えるのは、トンネルを抜けた後です。最中はとにかくもがくしかなかったりただ暗闇をひたすら歩くしかなかったりします。そういうときの支えは感謝です。どれだけ自分が恵まれているか思い出せれば荷は軽くなりトンネルも受け入れられます。。。(※あるいは、「ただ作業する」という風に無になる方法や強引にルーティンにしちゃう方法もあります。しかし、この「推敲」は機械的にやるのが難しい。。。。最初の「とにかく描く」段階ならばルーティン方法が向いてるので脳のメモリを消費せず取り掛かれるのだが…)

1日2pしか進まなかったり。トホホ…
 
 
ーーーー
 
 
ーーーー
さて、ネームのために
瞑想だけでなく
以前から食事にも気を使っていて
自律神経が狂ってるときは猛烈にお腹が減ってる気がして食べずにはいられなくなる怪…
 
とにかく
お腹が減って集中できないなら
最初にアペリティーボとして
生野菜(あるいは果物)を含むものをハショらず食べることにしました。
 
 
生野菜に含まれる酵素を最初に摂ると、
その後に食べる料理で胃がダウンすることがないのです。
血糖値もあがりにくいと思います。
手軽だからとそこらへんにある物を食べず、めんどくさがらずに用意することにしました。
 

 大根おろしすじこなんてのもおいしいです。 

 

ーー 
ほかに自律神経を整えるために去年の7月から欠かさず
毎朝(と毎晩)瞑想したり
ヨガで腸の調子を整えたり(B−Lifeで検索するとそういうポーズもあります!)
寝る前はipad見ないようにしたり
なるべく朝日にあたって少し散歩したり
クルミを少量毎日食べたり
朝はまず白湯の代わりにお湯を入れた「フロー・エッセンス」という薬草を飲んだりしてます。
 
アメブロ記事】「カナダのお茶でデトックス!」
 
私はこれをサボると自律神経の乱れが起こってきて大変。
瞑想始めたし体調良くなったからいいかなーと3週間やめたら、エアコンで体温調節が効かなくなり涼しいのに汗ばっかかいたり。。あるいは数日飲まないでいると次の生理で不調だったり。なんか効いてるんですよねー。不思議なお茶です。
 
 
本を読んで、できてなかったのが
「1日3食。」(←私は1食を4時間ぐらいかけ断続的に食べる特殊な食事方式なので置いといて…)
と、
昼間の運動」(←動画で汗かく少しハードなヨガを日中たまにやることに)
 
そして
タンパク質を摂る
でした。
 
卵と煮干し、牛乳、シラス等は食べてますが
もっとタンパク質を取るためにさんまや鮭などをたまに買うことにしました。
 
ちなみに
何かが無性に食べたくなるとき。
それは、特定の栄養素が足りてないサインらしいです。
 
例えば…
食べたいもの:
 
脂っこいもの = カルシウムが足りてない
パン = タンパク質が足りてない
甘いもの(チョコレートなど) = マグネシウムが足りてない
 
などなど。
(「足りてない栄養素、食べたいもの」で検索すると細かな表が出てきます。)
 
ーーーーー
 
 
なんとしてもネームをやりたい!
 
そのために過去、体調を整えようと試行錯誤してきました。
そんで、上記の方法でいろいろ試してきましたが
あとは最も大事なのは「運を天に任せる」精神です。
 
いろんな事情によって、
このネームの行く末はどうなるかわからないのですが
そこを悩み始めたら何もかもが不安になって進めなくなります。
 
なので、やはり天を信じて任せるのです。(天とは深い部分の自分のこと)
 
不安が出てきたら
「天を信じていないんだな」と自覚して
再び深い場所の自分を信じるよう心を落ち着けます。
 
ーーーー
 
 
今月始めあたり
たまたま
車で父と待機中、ワンセグで「天空のヒマラヤ部族」(テレ朝)を観ました。
 
ずっと前にチベット文化圏のラダックに行ったときからチベットは私の心に深く刻まれているんですが、そのチベットでも最も標高の高い場所(標高4000m)に住んでいるドルポ族の人々のドキュメンタリーでした。
昔、河口慧海も通ったというヒマラヤ山脈の村が写り、当時と変わらず
400年前の暮らしをまだ続けている部族だとのことです。
 
そこでは
人々はヤクを放牧し日々 祈りとともに厳しい自然の中で暮らしているんですが
笑顔は明るく
みんなでバター茶を飲みご飯を食べ働いて、そして仏教を信仰しています。
その敬虔でシンプルな暮らしが、天を信頼していることを表していて、
私は観ながら「この安心感を知っている」とチベットに行ったときのことを思い出していました。
過酷な自然の中ではお金は何の意味もなしません。
そのために、そこでは祈りという本質がハッキリ見えるのです。

これこないだ発掘した写真。
旅先で出会った写真家の方からいただいた写真。
すっごい貴重なスナップ…持ってたの忘れてました。
 
ーーー
 
最近ティクナットハンの本を読んでるんですが、生きる、死ぬことすら
脈々と続く「単なる現象」で、重要なことは 生が受け継がれながら本質につながることだ、となんとなく感じます。
 
そんなわけでネームの進みも行く末も天に任せる精神で自分は今できることをやる、という気持ちになれます。そうすると未来は全くわからないのに、ただただ安心なのでした。
 
もっと面白くしたいなと思ったら「面白くなりますように」と天に委ね、
地道に作業します。
そうすると「あ ここキャラ付けもっと入れないと。ここは隠しといて引っ張るか」とか気付いたりします。
 
または、「もっとこう。。。なんつーか印象深くしたいんだが。。。具体的にどうしたいのかがわかりますように」と委ねるとか。
そうするとお手本になるようなテイストの漫画をたまたま見つけたりします。
 
こうやって少〜しずつ推敲を進めつつ なにかネームに違和感を感じたら
なんでも自分で背負い込むのではなく ここでも「手放し」をしながら舵取りしてます。私は今までの経験と知識を使って「感じる」媒体であることに徹し「できてない(為されていない)」を「できるようにしてもらう(為される)」よう信じて進む、といった具合です。
それを知ると、「迷いを感じる心」というものも「次は何を手放す(自力で行わない)のか」の指針を示してくれているんだな、と俯瞰することができ、ストレスもあまりたまらなくなったのでした。願いは天が叶えるもの、自力はかえって願いを遠ざけるもの…の仕組みが感じられて面白いです。
 
手放し(=サレンダー)についての詳しい記事はこちらです。
 
ーーーーー
 

ーー◆ ◆  支援しています!◆ ◆ ーー

f:id:yokonote:20190915210019j:plain  f:id:yokonote:20190915210136j:plain  f:id:yokonote:20190915210142j:plain

 

follow