【読書漫画】チベット旅行記 4話目

4話目です。
 
信者や友人たちに見守られて
いよいよ船に乗り込みました!
 

ーーー
 
この明治30年の「和泉丸」について調べたんですが
この頃の「ヨーロッパ航路」で運航していた「土佐丸」の僚船(仲間の船)に和泉丸があったという記述を見つけました。ルートも慧海師の通ったこれらの都市をなぞっています。
 
当時
神戸からシンガポールまで、2週間以上かかったんですね。
船賃もかなり高かったのではないかと思います。
はっきり幾らかはわからないですが、餞別のお金も船賃でかなり減ってしまったのでは…。
 
シンガポールにある「扶桑館」についてですが、
明治22年に日本領事館がシンガポールに開設されてから、日本人がシンガポールに住み始めたという記録を見ました。日本人の宿屋が3つほど?あったようで、そのうちの1つとか。
色々調べると、明治時代は外国への道が拓けて、人の往来もすでにたくさんあったんだなという印象です。
 
英国人のタムソン氏は、香港から乗ってきたのですが
日本に18年住んでいたので日本語がペラペラだったようです。
熱心なキリスト教信者で、慧海師と大変な議論が始まったとのことで
乗客のみなさんにとっても 長い船旅でのハイライトだったことでしょう。どんな内容の議論かは書かれていませんが。
 
ちなみに
本の巻末にある年表には、慧海師は19歳のときに英語を習ったとあります。
ここんとこ明治時代についてあれこれ調べたりしてるんですが
この時代の学生って勤勉ですよね。夏目漱石が東大予備門での数学の証明を全部英語で書いてた答案を写真で見て驚きました。なんだろう…今と違って、勉強量がすごい。東大の前身だから、将来の日本を担うという意味が込められていたんだろうけども、それにしても。(漱石は数学も得意だったらしいですね)
慧海師だって
漢文読めるし英語できるしパーリ語習ってこのあとチベット語がネイティブ並みにペラペラになるんですから…。
なんですかねー私の10倍以上の人生量です。尊敬…!
 
ーーー
ーーー
先月始めあたり
たまたま
車で父と待機中、ワンセグで「天空のヒマラヤ部族」という番組を観ました。
ずっと前にチベット文化圏のラダックに行ったときからチベットは私の心に深く刻まれているんですが、そのチベットでも最も標高の高い場所(標高4000m)に住んでいるドルポ族の人々のドキュメンタリーでした。
昔、河口慧海も通ったというヒマラヤ山脈の村が写り、当時と変わらず
400年前の暮らしをまだ続けている部族だとのことです。
 
そこでは
人々はヤクを放牧し日々 祈りとともに厳しい自然の中で暮らしているんですが
笑顔は明るく
みんなでバター茶を飲みご飯を食べ働いて、そして仏教を信仰しています。
その敬虔でシンプルな暮らしが、天を信頼していることを表していて、
私は観ながら「この安心感を知っている」とチベットに行ったときのことを思い出していました。
過酷な自然の中ではお金は何の意味もなしません。
そのために、そこでは祈りという本質がハッキリ見えるのです。
 

 
 
これこないだ発掘した写真。
旅先で出会った写真家の方からいただいた写真。
すっごい貴重なスナップ…持ってたの忘れてました。
 
 
最近ティクナットハンの本を読んでるんですが、生きる、死ぬことすら
脈々と続く「単なる現象」で、重要なことは 生が受け継がれながら本質につながることだ、となんとなく感じます。
 
 
 
そんなわけでネームの進みも行く末も天に任せる精神で自分は今できることをやる、という気持ちになれます。そうすると未来は全くわからないのに、ただただ安心なのでした。
 
もっと面白くしたいなと思ったら「面白くなりますように」と天に委ね、
 
地道に作業します。
そうすると「あ ここキャラ付けもっと入れないと。ここは隠しといて引っ張るか」とか気付いたりします。
 
または、「もっとこう。。。なんつーか印象深くしたいんだが。。。具体的にどうしたいのかがわかりますように」と委ねるとか。
そうするとお手本になるようなテイストの漫画をたまたま見つけたりします。
 
こうやって少〜しずつ推敲を進めつつ なにかネームに違和感を感じたら
なんでも自分で背負い込むのではなく ここでも「手放し」をしながら舵取りしてます。私は今までの経験と知識を使って「感じる」媒体であることに徹し「できてない(為されていない)」を「できるようにしてもらう(為される)」よう信じて進む、といった具合です。
それを知ると、「迷いを感じる心」というものも「次は何を手放す(自力で行わない)のか」の指針を示してくれているんだな、と俯瞰することができ、ストレスもあまりたまらなくなったのでした。願いは天が叶えるもの、自力はかえって願いを遠ざけるもの…の仕組みが感じられて面白いです。またいつかチベットに行きたいなぁ。。。と思いながらチベット旅行記を読むのでした。
 
 

 

 

ーー◆ ◆  支援しています!◆ ◆ ーー

f:id:yokonote:20190915210019j:plain  f:id:yokonote:20190915210136j:plain  f:id:yokonote:20190915210142j:plain

 

follow